(復帰50年へ)米軍統治、摘まれた製造業の芽 観光頼みの沖縄、コロナで打撃

有料会員記事

[PR]

 沖縄は日本復帰から15日で49年を迎える。米軍基地に依存する経済から抜け出す力となってきた観光産業は、コロナ禍の直撃で、危うさが浮き彫りとなっている。全国のなかでも、沖縄での影響は深刻とみられる。背景には、米軍統治下で生まれ、なお解消されないひずみがある。(光墨祥吾、寺本大蔵、木村司)

 梅雨入…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。