ドリトル先生 ガラパゴスを救う:35 福岡伸一 不思議な気体、求む 2

会員記事

[PR]

 それからしばらくの間、それほど耳寄りの知らせは何もありませんでした。

 ある日の夕方、一匹(ぴき)のコウモリがドリトル先生の家にやってきました。コウモリはご存じのとおり鳥ではなくて哺乳類(ほにゅうるい)です。まあ、飛べるネズミ、と考えるのがいいでしょう。暗がりでも平気です。それは人間には聞こえない…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。