(大志 藤井聡太のいる時代)戴冠編:3 終盤の鋭い踏み込み、棋士たちはどよめいた

有料記事

[PR]

 挑戦権獲得からわずか4日後の2020年6月8日。藤井聡太(18)は、初めてのタイトル戦の開幕を迎えた。第91期棋聖戦五番勝負の第1局。相手は三冠の渡辺明(37)だ。

 この対局は、4月に出た緊急事態宣言が明けた直後のタイトル戦でもあった。立会人の深浦康市(49)は特別な緊張感を持って臨んだ。「5月…

この記事は有料記事です。残り640文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント