石綿、最大2600万円和解案 政府・与党、合意へ最終調整

有料記事

[PR]

 建設現場でアスベスト(石綿)を吸って健康被害を受けたとして元作業員や遺族らが全国で起こした一連の集団訴訟をめぐり、原告団と政府・与党が統一の和解基準の合意に向け、最終調整をしている。与党は和解基準として慰謝料額を最大2600万円とする案を検討。政府は17日の最高裁判決後、すみやかに原告団と協議し合…

この記事は有料記事です。残り513文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!