(記者解説)シンガポールの首相選び エリート重用、問われる是非 シンガポール支局長・西村宏治

有料会員記事

[PR]

 アジアのビジネス拠点として知られるシンガポールでは1965年の独立以来、人民行動党の政権が続いている。与党に有利な選挙制度に支えられているのだが、そこには少数のエリートが効率的に政策運営を進めるほうが国が安定的に発展するという考え方がある。

 「一人一票制は難しい統治制度だ。時として迷走する」。建…

この記事は有料会員記事です。残り1050文字有料会員になると続きをお読みいただけます。