感染対策「優等生」、変異株で苦境 シンガポール・台湾

有料会員記事

[PR]

 新型コロナウイルス対策の「優等生」とされてきた台湾やシンガポールで、感染者数が増え始めている。変異株の広がりが背景にあるとみられ、絶対数は低いものの、食料品などの買いだめ騒ぎも起きている。政府は規制強化に踏み切ったが、封じ込めの難しさが改めて浮き彫りになった。

 ■空港で50人超感染、外食禁止 …

この記事は有料会員記事です。残り1570文字有料会員になると続きをお読みいただけます。