(地域発)群馬県から 奇々怪々、入りづらい古着店 国産にこだわり「ダサさ、いとおしい」

有料会員記事

[PR]

 住宅街の一軒家の窓に「群馬昭和婦人天国」の文字を見つけた。表に回ると、独特の雰囲気を醸し出す置物やマネキンと目が合った。何だここは。

 入り口には来る者を拒むかのような金網が。「少数派のための少数派のお店 普通の人間は買う物ありません」という看板も目に入った。

 入りづらすぎる。

 私は、ためらい…

この記事は有料会員記事です。残り466文字有料会員になると続きをお読みいただけます。