空爆・砲弾、市民巻き添え イスラエル軍「ハマス拠点」主張 パレスチナ衝突

有料会員記事

[PR]

 パレスチナ自治区ガザ地区をめぐる武力衝突では、子どもを含む民間人の被害が増えている。17日も未明からイスラエル軍による空爆や、ガザ地区からのロケット弾攻撃が続いた。暴力の応酬に、なぜ民間人が巻き込まれるのか。(エルサレム=清宮涼、高野遼)

 ▼3面参照

 空爆を続ける最大の理由について、イスラエ…

この記事は有料会員記事です。残り2089文字有料会員になると続きをお読みいただけます。