石綿救済へ「一歩前進」 減り続ける本人原告、残る「線引き」 最高裁判決

有料会員記事

[PR]

 「勝利の判決」。建設現場でのアスベスト(石綿)被害をめぐり、国とメーカーの賠償責任を認める最高裁判決が17日示された。原告側からは判決を評価する声が相次いだ一方で、救済対象が線引きされたことに不満の声も上がった。▼1面参照

 「地裁で負け、高裁でもいい判決ではなかったから、今回の判決は一歩前進で…

この記事は有料会員記事です。残り3838文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら