採決強行?支持率低下が影 入管法改正案、修正協議決裂

有料会員記事

[PR]

 外国人の収容や送還のルールを見直す出入国管理法改正案は、自民党立憲民主党による修正協議が決裂したことを受け、与党が週内に衆院法務委員会での採決に踏み切るかどうかが最大の焦点だ。野党は17日、収容中のスリランカ女性が死亡した入管施設を視察するなどして採決を見送るよう訴えた。一方の与党からは、新型コ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。