「脱炭素」「多様性」、成長の軸 企業統治指針、3年ぶり改訂へ 投資家の目を意識

有料会員記事

[PR]

 上場企業の行動規範となるコーポレートガバナンス・コード(企業統治指針)が6月、3年ぶりに見直される。「脱炭素」や「多様性」を軸に、持続可能な成長を企業に促す。改訂は、来春に迫った東京証券取引所の市場再編を見すえている。

 改訂は2回目で、企業に「脱炭素」の取り組みを求める。地球温暖化による影響や…

この記事は有料会員記事です。残り1490文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら