案里氏へ1.5億円、波紋呼ぶ 自民幹部ら相次ぎ関与否定

有料会員記事

[PR]

 2019年の参院選広島選挙区で自民党公認で当選した河井案里氏=公職選挙法違反の罪で有罪判決が確定・当選無効、自民党を離党=側に党本部が提供した1億5千万円の支出をめぐり、自民党内に波紋が広がっている。党幹部らが相次いで関わりを否定し、責任の押し付け合いの様相となっている。

 支出があった当時、党の…

この記事は有料会員記事です。残り566文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら