(サザエさんをさがして)犬の飼い方 放し飼いゆえの受難の時代

有料会員記事

[PR]

 波平が、段ボール箱に入った子犬3匹の引き取りを求められる。「なぜです?」とたずねると、生まれた子犬の毛並みが似ているから、という答え。確かに毛並みは似ている。でも、磯野家にいるのは猫であった。

 掲載は1966年。昭和の半ばごろ、犬はどのように飼われていたのか。最後のコマにヒントがある。引き取るよ…

この記事は有料会員記事です。残り1296文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

連載サザエさんをさがして

この連載の一覧を見る