(インタビュー)国民に届かぬ政府発信 新型コロナ 東北学院大学准教授・佐々木周作さん

有料会員記事

[PR]

 新型コロナの感染急拡大で、菅義偉政権は今月、緊急事態宣言の延長や対象地域の拡大を余儀なくされた。政府は「3密防止」などのコロナ対策を通じて国民に警戒を呼びかけてきたが、社会に十分浸透したとはいいがたい。なぜ、政府が発するメッセージは人々の心に届きにくいのか。行動経済学者の佐々木周作さんに聞いた。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。