薬開発、期間短縮に期待 「iPS創薬」治験で効果確認

会員記事

[PR]

 iPS細胞を使って発見したパーキンソン病の薬が、ALSの進行抑制に効果があることが、慶応大の研究チームによる治験で確認された。iPS細胞を薬の研究開発に生かす「iPS創薬」で見つけた薬で、実際の患者の治験で効果が確認されたのは世界で初めてとなる。▼1面参照

 iPS細胞は、けがや病気でいたんだ臓器…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。