(メディア空間考)オンラインだから 病床からの言葉が問うもの

有料会員記事

[PR]

 コロナ禍で職場のテレワークが進み、東京では同僚と酒を飲む場も失われてしまった。寂しさや味気なさを感じていた時に、批評家の若松英輔さんが、コロナ禍で開くようになったというオンライン講座についてつぶやいたツイートに接した。

 「何とも意味深く感じるのは、病床から参加してくれる方々の存在だ。講座で、個々…

この記事は有料会員記事です。残り633文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

連載メディア空間考

この連載の一覧を見る