(おやじのせなか)早霧せいなさん 心地良い会話、夢を応援

会員記事

[PR]

 物心ついた時から、父は仕事の都合で単身赴任していました。長崎県佐世保市に住む私たち家族は、週末に父が帰ってくることが楽しみでした。運動が得意な父とキャッチボールをしたり、自宅の庭で一緒に過ごしたりしました。

 宝塚に憧れたきっかけは、中学時代に見た通信教育の冊子でした。そこに、ソフト帽をかぶったス…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

連載おやじのせなか

この連載の一覧を見る