(経済安保 米中のはざまで)ウイグル問題で対立、日本の対応は

有料会員記事

[PR]

 中国・新疆ウイグル自治区の人権問題をめぐり、欧米と中国の対立が深まっている。新疆は綿の世界有数の産地。衣料品チェーン大手ユニクロの綿製シャツが、新疆綿の強制労働との関係を疑われて米国に輸入を差し止められるなど、日本企業にも影響が広がる。日本はどう対応すべきか。

 ■制裁可能な上での対話、改善促せ…

この記事は有料会員記事です。残り3456文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら