(まちの記憶)五日市 東京都あきる野市

有料会員記事

[PR]

 ■山深く、「憲法」生んだ開明の地

 東京都西部の中心地、立川からさらに西へ。JR青梅線、五日市線を乗り継いで終点、武蔵五日市駅で電車を降りる。五日市(あきる野市)は多摩川の支流、秋川沿いの山間に古くから開けた町だ。

 駅の北西に向かって緩やかな坂道を歩き出す。太い鉛筆のような丸太に彫られた愛嬌(…

この記事は有料会員記事です。残り1574文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

連載まちの記憶

この連載の一覧を見る