孫氏「五輪強行、何の権利」 開催に疑問示す投稿

有料会員記事

[PR]

 コロナ禍が収束しないなか東京五輪パラリンピックについて、一部の経営者の発言が注目されている。ソフトバンクグループの孫正義会長兼社長や楽天グループ三木谷浩史会長兼社長は、開催に疑問を示している。一方で、大半の経営トップは表だって開催に否定的な発言はしていない。▼社会面参照

 孫氏は23日、ツイッ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。