石炭とアンモニア、混焼で「CO2減」

有料会員記事

[PR]

 東京電力中部電力の火力発電部門を統合したJERAと、重工大手のIHIは24日、石炭火力発電所でアンモニアを混ぜて燃やす実証実験を6月に始めると発表した。二酸化炭素(CO2)の排出が抑えられるとされ、大型商業炉での本格的な実証実験は世界初という。

 国立研究開発法人「新エネルギー・産業技術総合開発…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。