(憲法を考える)公共図書館、利用情報の扱いは 捜査機関に令状なしで提供、思想の自由脅かす懸念

有料会員記事

[PR]

 ■憲法を考える 視点・論点・注目点

 公共図書館が警察などの捜査機関に利用者の情報を提供していたケースが明らかになった。憲法が保障する「表現の自由」「内心の自由」を脅かす恐れがあるとして、日本図書館協会や専門家からは懸念の声があがる。行政のデジタル化が進み、データ活用が進む中、図書館は利用者の情…

この記事は有料会員記事です。残り3559文字有料会員になると続きをお読みいただけます。