(五輪をめぐる)ニッポンのお家芸:1 痛快100メートル、考えるカエルの平泳ぎ

有料会員記事

[PR]

 小柄な日本人が、長身の欧米人を打ち破る痛快なレースだった。1972年ミュンヘン五輪男子100メートル平泳ぎ決勝。身長173センチの21歳、田口信教(69)が1分4秒94の世界記録で金メダルをつかんだ。

 創意工夫を重ね、「考えるカエル」と呼ばれた田口は振り返る。「うれしかったというより、金メダルを…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。