マイナンバー、連携進まず 役所間、想定の5.5% 会計検査院調査

有料会員記事

[PR]

 国や地方を情報システムで結び、社会保障や税の行政手続きをしやすくするマイナンバー制度をめぐり、会計検査院が国の関連システムの利用状況を調べたところ、2019年の1年間では役所間の情報連携が想定の5・5%にとどまっていたことがわかった。検査院は26日、「システムの適切な整備を図っていくことが重要」と…

この記事は有料会員記事です。残り843文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら