「日本の要求でスパイ活動」 中国外務省が主張 元教授拘束

有料会員記事

[PR]

 袁克勤・北海道教育大元教授(65)がスパイ行為に関わった疑いがあるとして中国当局に身柄を拘束された事件で、中国外務省の趙立堅副報道局長は26日の会見で、袁元教授が「日本の行政機関のスパイの求めに応じて、対中スパイ活動に携わっていた」と主張した。袁元教授は検察当局に起訴されているという。

 袁元教授…

この記事は有料会員記事です。残り215文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら