安保法訴訟、原告訴え棄却

会員記事

[PR]

 集団的自衛権の行使などを認めた安全保障関連法憲法違反だとして、宮崎県内の市民ら279人が国に計2790万円の賠償を求めた訴訟で、宮崎地裁(古庄研裁判長)は26日、原告側の訴えを棄却する判決を言い渡した。原告側は控訴する方針。

 判決は、安保関連法は「平和的生存権」などを侵害しているとの原告の主張…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。