米中が通商協議 バイデン政権発足後初

有料会員記事

[PR]

 米通商代表部(USTR)のタイ代表と中国の劉鶴(リウホー)副首相が26日、バイデン政権の発足後初めてとなる高官級の通商協議を開いた。トランプ政権が中国との間で2020年1月に署名し、バイデン政権が引き継いだ米中通商協議「第1段階の合意」の履行状況などを議論したとみられる。

 USTRの声明によると…

この記事は有料会員記事です。残り190文字有料会員になると続きをお読みいただけます。