香港、選挙制度改変を可決 立候補「愛国者」のみに

有料会員記事

[PR]

 香港の立法会(議会)は27日、民主派勢力を香港政治から実質的に排除する選挙制度改変の条例案を、賛成多数で可決した。中国共産党が主導して制度化したもので、当局側が認める「愛国者」でなければ立候補もできなくなる。香港の民主化運動を率いてきた主要政党の民主党内では「選挙に出るべきではない」との声が高まっ…

この記事は有料会員記事です。残り1298文字有料会員になると続きをお読みいただけます。