米駐日大使、起用に反対論 「保守寄り」「日本との接点聞かぬ」 エマニュエル氏、民主党左派から噴出

有料記事

[PR]

 バイデン米政権が検討しているラーム・エマニュエル元大統領首席補佐官(61)の駐日大使起用をめぐり、民主党左派から強い反対論が噴出している。シカゴ市長時代に起きた警察官による黒人少年射殺事件への対応が主な理由だ。大使就任には不透明感も残っている。(ワシントン=園田耕司

 「民主党内で左派と保守で…

この記事は有料記事です。残り1138文字有料会員になると続きをお読みいただけます。