<お知らせ>鈴木雅明「マタイ受難曲を語る」

[PR]

 バッハ演奏の世界的な権威で、バッハ・コレギウム・ジャパン(BCJ)音楽監督の鈴木雅明=写真=が、宗教曲の金字塔「マタイ受難曲」について話します。新著「バッハ、神と人のはざまで」(音楽之友社)の刊行記念講座。

 人々をひきつけてやまないバッハの音楽。その音楽と、そこからあふれ出る恵みを届けるために、楽譜とにらみ合い、心に去来した思いとは。「Zoom」でのオンラインと教室受講のどちらかを選べます。

 ◇朝カル講座「マタイ受難曲を語る」。6月20日[日]午後3時~4時30分。参加費は会員3465円、一般4565円。申し込みは朝日カルチャーセンター新宿教室(03・3344・1941)(朝日新聞社後援)