「アルマゲドンない限り実施」 IOC最古参委員が持論

有料会員記事

[PR]

 国際オリンピック委員会(IOC)で最古参のディック・パウンド委員(カナダ)が、開催に批判的な声が高まっている東京五輪について「予見できないアルマゲドンでもない限り実施できる」と語った。26日までに英紙イブニング・スタンダード(電子版)が伝えた。

 アルマゲドンとは世界最終戦争を意味する。79歳のパ…

この記事は有料会員記事です。残り68文字有料会員になると続きをお読みいただけます。