石綿被害の補償基金、自民部会が法案了承 メーカー、拠出に慎重姿勢

有料記事

[PR]

 建設資材のアスベスト(石綿)による健康被害をめぐり、自民党の厚生労働部会は28日、訴訟を起こしていない被害者に補償する基金を創設する法案を了承した。国会に来週提出される予定。一連の訴訟の原告団は国だけでなく建材メーカーも基金に拠出するよう求めているが、各社は慎重な姿勢を続けている。

 法案では基金…

この記事は有料記事です。残り548文字有料会員になると続きをお読みいただけます。