自民内、意見統一できず LGBT法案、今国会提出断念

有料会員記事

[PR]

 LGBTなど性的少数者をめぐる「理解増進」法案について、自民党の最終決定機関の総務会での了承が28日、見送りとなり、今国会での成立が困難になった。与野党協議を経たうえでの見送りに、野党側からはなおも成立を求める声があがった。▼1面参照

 「なかなか全会一致という方向が見いだせなかった」。佐藤勉総…

この記事は有料会員記事です。残り1486文字有料会員になると続きをお読みいただけます。