金融機関の温暖化対策、監督本腰 融資先にも「脱炭素を」 金融庁

有料会員記事

[PR]

 気候変動に関する金融機関の対応が十分かどうか、金融庁が監督に本腰を入れる。温暖化が金融機関自身にもたらすリスクの評価だけでなく、投融資先に脱炭素を進めるようにも促す。金融システムが気候変動問題で不安定になるのを防ぐ。

 新方針を盛り込んだ報告書案を28日の有識者会議で示した。具体的な指針を今年度中…

この記事は有料会員記事です。残り712文字有料会員になると続きをお読みいただけます。