(記者解説)地元理解なき海洋放出 対話が不足、国・東電に募る不信感 福島総局・福地慶太郎

有料会員記事

[PR]

 ・政府は2年後をめどに東京電力福島第一原発の処理水を海に流して処分すると決めた

 ・処理水の放出に反対する人が多い背景に、政府と東電への根強い不信感がある

 ・信頼を回復し、処理水や廃炉の難題を解決するには、住民との対話が求められる

     ◇

 政府は4月、東京電力福島第一原発の処理水を海に…

この記事は有料会員記事です。残り2210文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら