(記者解説)ウィシュマさんの死 真相の解明へ、入管は開示を 国際報道部・荒ちひろ

有料会員記事

[PR]

 3月6日、名古屋出入国在留管理局で収容中の33歳のスリランカ人女性が亡くなった。ウィシュマ・サンダマリさん。故郷で英語の先生をし、日本の子どもにも教えたいと来日した留学生だった。

 ウィシュマさんは2017年6月に来日。千葉県内の日本語学校を1年で退学になり、その後不法残留状態になった。20年8月…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。