(声)「ゆいごんしょ」残した叔母の終活

有料会員記事

[PR]

 農業 勝又將雄(静岡県 69)

 同居していた叔母は、70歳でマッサージ師としての仕事に区切りをつけ、穏やかな隠居生活を送っていました。80歳を過ぎて介護施設に入りましたが、頭脳明晰(めいせき)で、見舞いにたずねた時には、我が家の歴史を確認させてもらうなど、私たちにとっては「生き字引」そのものでし…

この記事は有料会員記事です。残り347文字有料会員になると続きをお読みいただけます。