(声)復興進んでも、なお癒えぬ傷

有料会員記事

[PR]

 高校教員 村上裕亮(岡山県 31)

 東日本大震災が起きた時、私は大学3年生だった。下宿は広島なので被害は無かったが、その日は研究に手がつかなかった。

 あれから10年。偶然見た朝日新聞デジタルの「海からみた被災地 東日本大震災10年」に感銘を受けた。被災地の海底に目を向けた内容だ。動画やインタビ…

この記事は有料会員記事です。残り229文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

連載

この連載の一覧を見る