米の自動車価格が急上昇 世界で半導体不足、影響長引く恐れ

有料会員記事

[PR]

 米国で自動車の価格が急上昇している。半導体不足の影響で、メーカーの生産が減っていることが主因だ。新車販売店は在庫不足に陥ったことで値上げに動き、需要が増えた中古車の価格も高騰。半導体不足は来年も続く可能性があり、市民生活への影響も長引きそうだ。

 ■新車減産で過去最高値へ、中古車にも波及

 「ひ…

この記事は有料会員記事です。残り1034文字有料会員になると続きをお読みいただけます。