茨城妻子6人殺害、責任能力争う姿勢 初公判、被告「記憶ない」

有料会員記事

[PR]

 茨城県日立市のアパートで2017年10月、妻子6人を殺害したとして、殺人と非現住建造物等放火などの罪に問われた小松博文被告(36)の裁判員裁判が31日、水戸地裁(結城剛行裁判長)で始まった。小松被告は「記憶がなくなっているようなので、わからないとしか言えない」と述べた。弁護側は、刑事責任能力が欠け…

この記事は有料会員記事です。残り544文字有料会員になると続きをお読みいただけます。