政治とカネ、政権また痛手 菅原議員辞職へ、総選挙向け懸念の声

有料記事

[PR]

 自民党の「政治とカネ」の問題が再び菅政権を直撃した。前経済産業相の菅原一秀衆院議員が1日、地元で香典や現金を渡したとされる問題を受けて議員辞職願を提出。衆院議員の任期満了が10月に迫り、与党内からは総選挙への影響を懸念する声があがっている。▼1面参照

 菅原氏は同日夜、「ご報告」と題し、「政治活…

この記事は有料記事です。残り811文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!