自民三役合意、公明代表は苦言 LGBT法案提出見送り

有料記事

[PR]

 LGBTなど性的少数者をめぐる「理解増進」法案について、自民党佐藤勉総務会長は1日、今国会への提出を見送ることで党三役で合意したと明らかにした。一方、公明党山口那津男代表は「自民党も、今国会で成立を図るべくもう一歩ご努力をいただきたい」と苦言を呈した。

 自民の総務会は5月28日、法案の了承を…

この記事は有料記事です。残り334文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!