BMX・スケボー、風に乗れ 五輪に採用、公共パークが続々 税金投入、教育の場になれるか

有料記事

[PR]

 自転車のBMXやスケートボードを楽しむ「パーク」が、自治体主導で続々とつくられている。東京五輪の競技・種目となって競技人口が増え、地域活性化につながるとの期待感が背景にある。ただ、長年競技に親しむ人たちは、パークを維持・発展させるには展望が必要だと話す。

 ■バック宙、回転

 自転車ごと高く舞い…

この記事は有料記事です。残り1580文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。