(天声人語)雲仙の惨事から30年

有料会員記事

[PR]

 長崎県の雲仙・普賢岳で噴火が続いていた時、島原市長として対策にあたっていたのが鐘ケ江管一(かねがえかんいち)さんだ。長く白いヒゲが印象的だった。断ち物で願をかけるように、山がおさまるまでヒゲはそらないと決めていた▼きっかけは30年前のきょう起きた大火砕流による惨事だったと著書『普賢、鳴りやまず』に…

この記事は有料会員記事です。残り468文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

連載天声人語

この連載の一覧を見る