育休の意思確認、義務化 「男性産休」も新設 改正法成立へ

有料会員記事

[PR]

 男性が育児休業を取りやすくすることなどをめざした改正育児・介護休業法が3日に成立する見通しになった。2022年4月から企業に対し、男性、女性にかかわらず自身や配偶者の出産や妊娠を届け出た社員に育休を取る意思があるかを確認するよう義務づける。22年秋からは、子の誕生直後に父親が最大4週間の「男性産休…

この記事は有料会員記事です。残り819文字有料会員になると続きをお読みいただけます。