外出禁止、犯罪37%減少 23カ国分析、強盗や窃盗半減

有料会員記事

[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大による外出禁止政策の結果、世界の都市部で犯罪が37%減少したとする分析結果をオランダユトレヒト大のチームが3日、科学誌「ネイチャー・ヒューマン・ビヘイビア」に発表した。人々が自宅で過ごす時間が増えたことで、強盗や窃盗は発生が半減した一方、殺人は14%しか減っていなかっ…

この記事は有料会員記事です。残り347文字有料会員になると続きをお読みいただけます。