(取材考記)ゴーン会長へ疑念、職務を全うした紳士 告発の監査役、日産への忠誠と覚悟 大鹿靖明

有料会員記事

[PR]

 日産自動車カルロス・ゴーン会長が東京地検特捜部に逮捕されたきっかけは、一人の監査役が立ち上がったことだった。東京地裁で続く共犯のグレッグ・ケリー被告の法廷を傍聴してわかったのは、そんな舞台裏である。

ここから続き

 監査役の名は今津英敏氏。日産傘下のベンチャー投資会社の実態に疑念を抱き、同社のあるオランダまで…

この記事は有料会員記事です。残り736文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら