(インタビュー)SOS、駆けつける理由 新型コロナ 反貧困ネットワーク事務局長・瀬戸大作さん

有料会員記事

[PR]

 助けてください――。インターネットカフェや路上から、SOSメールが連日届く。コロナ禍の長期化は、経済や雇用に大打撃を与え、住まいや仕事を失って追いつめられる人が後を絶たない。反貧困ネットワーク事務局長の瀬戸大作さんは昨春から、「駆けつけ型の緊急支援」に奔走してきた。支援した人数は600人を超えた…

この記事は有料会員記事です。残り3527文字有料会員になると続きをお読みいただけます。