学校の学習データ「指導に利活用を」 教育再生実行会議が提言

有料会員記事

[PR]

 政府の教育再生実行会議(座長=鎌田薫・前早稲田大総長)は3日、子どもの学習や成長のデータを利活用し、指導や行政に生かすことなどを盛り込んだ第12次提言を菅義偉首相に渡した。政府のデジタル化推進と連動させ、「データ駆動型の教育へ転換」するよう求めた。鎌田座長は記者会見で「最後の提言になると思う。今後…

この記事は有料会員記事です。残り337文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら