日米連携、水面下で調整 政府、台湾にコロナワクチン

有料会員記事

[PR]

 新型コロナウイルスのワクチン調達が遅れている台湾に対し、日本政府は4日、国内で製造した英アストラゼネカ製ワクチン124万回分を航空便で送った。台湾の要請を受け、政府や自民党が5月から水面下で検討を進めていた。

 茂木敏充外相は午前の閣議後会見で、2011年の東日本大震災の際、台湾から多額の寄付金が…

この記事は有料会員記事です。残り663文字有料会員になると続きをお読みいただけます。